単身パック タンス

単身パックでタンスを運べる?

単身パックでタンスは運んでもらえる?お勧め一括見積もりサービス

 

単身パックで運べる荷物量もそれほど多くありません。
一人暮らしをする上で最低限必要になる荷物しか運べないと
思っておいた方が良いかもしれませんね。
例えば、タンスなどを運ぶことができるのでしょうか。

 

単身パックでは必ずしも決められた種類の家具しか運べないというわけではなく、
業者側で用意するコンテナボックスに納まる荷物量であれば基本的に何でも運ぶことができます。

 

そのため、タンスも運ぶことが可能です。

ただし、どの業者でも単身パックで運べる荷物量の目安としてタンスは入っていません。

タンスがあると荷物を積み込めるスペースの容量をかなり取ってしまうので、
その他の荷物が少ない方でなければ難しいと思っといた方が良いでしょう。

 

それに、大きいタンスなどはそもそもコンテナボックスの高さを
オーバーしてしまうことも多く、その場合にも利用できません。

 

一人暮らしをしている方の中には、引越しで単身パックを使うことを考え、
初めからタンスではなく衣装ケースを活用しているという方も多いようです。

 

単身パックでタンスを運ぶ方法について

どうしても単身パックでタンスを運びたいと思っているのであれば、
その他の荷物をできるだけ少なくしましょう。
といっても、そもそも単身パックで運べる荷物量は多くないので、
タンス以外の物を減らすというよりも、
タンスだけを別の方法で送った方が良いかもしれませんね。

 

例えば、ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)では
大型家具や家電の配送に便利ならくらく家財宅急便というものがあります。
こちらは、家具や家電を一つから輸送してくれるサービスであるため、
タンスのみをらくらく家財宅急便で送るということも考えてみると良いでしょう。

 

具体的な料金はサイズによって違います。

 

注意しなければならないこととして、単身パックでタンスを運ぶ場合、
中身はすべて出しておかなければなりません。

つまり、洋服を入れていた場合には、タンスのほかに
洋服のスペースもコンテナボックスの中で確保しなければならないということですね。

中身を入れたままで良いのならばコンテナボックスの容量で
収まりそうなんだけれど…という方は注意しましょう。

 

タンスの中身は、通常プランであれば入れたままでOKという業者がほとんどです。
洋服を取り出して荷造りするのが面倒だと感じている方は、
単身パックではなく通常プランを選択した方が良いですね。

 

また、通常プランであれば有料の荷造りオプションを選択できる業者もありますが、
基本的に単身パックには適用できません。
そのため、単身パックを選択する場合には荷造りもすべて自分で行わなければならないのです。

 

単身パックでタンスは運んでもらえる?お勧め一括見積もりサービス

 

引越しを機会に買い換えるのもおすすめ

タンスがなければ単身パックが選択できそうなのに…という方は、
思い切って引越しを機に買い換えを検討してみるのも良いでしょう。
タンスなどは短期間でそれほど痛むものではないため、
頻繁に買い換えるものではありませんよね。

 

ですが、新居のインテリアに合わせたデザインにするために
買い換えるという方も多いようです。

 

ただ、結果的に損をしてしまったということになっては意味がないので、
新しく買い換えるのと持って行くのとではどちらがお得なのかよく検討してみましょう。

 

引越しの荷物にタンスが含まれる場合は、
基本的に単身パック以外のプランを選択する形になります。

 

そうなると高いのでは…と思うかもしれませんが、
総合的にそれほど荷物量が多くない方であれば、
引越し料金が極端に高くなるようなことはないので、安心しましょう。
その中でも安い業者を探すことが大切です。

 

引越し料金は業者によって全く違います。

同じ荷物量であったとしても数万円の差が出てしまうことは珍しくないので、
たくさんの業者を比較し、安いところを探しましょう。

 

業者比較にはインターネットが便利

昔は、業者比較する際には各業者に対して電話などで連絡をしていかなければなりませんでした。
ですが、現在はインターネットを使ってとても簡単に仮見積もりをお願いできるようになっています。

 

その際には、複数の業者に対してまとめて仮見積もりの依頼を出せる
一括見積もりサービスというものを利用すると良いでしょう。
利用料金は無料となっており、簡単な情報を入力するだけで
複数の業者に仮見積もりが請求できます。

 

たくさんの業者を比較することでどこが一番安いのかわかるので、
引越しをすることが決まったらぜひ活用してみてくださいね。

 

ここで出るのは仮見積もりであるため、その後に訪問見積もりをお願いし、
具体的な金額を出してもらう形になります。
そのため、引越しぎりぎりになってから利用するのではなく、
できるだけ早めに一括見積もりを済ませておきましょう。

 

訪問見積もりの際に値引き交渉をする場合も
他社の仮見積もりがあった方が有効なので、安い仮見積もりを集め、
値引き交渉にも役立てると良いですね。

 

大手だけでなく中小の引越し業者も比較できるので、
安くタンスを運んでくれる業者が見つかるはずです。

 

単身パックでタンスは運んでもらえる?お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。